BPバイオプローブ 上巻(改訂版)

ベロムオリジナルノベル
ジャンル:近未来SFホラー

【あらすじ】
2022年8月、超大手ゲームメーカーに勤務する桐山京介(きりやま・きょうすけ)は、ヘリコプターで無人島へ向かった。
社運を賭けた新型ゲームBP(バイオプローブ)のテスト駆動が目的だ。その概要は「ロボットを遠隔操作し、現実に存在する熱帯雨林地帯を自由に探索できるゲーム」だと知らされていた。
ヘリには従兄弟の橘ナツ(たちばな・なつ)も同乗していた。ローンを抱え、定職もない不安定な生活を送っていたところを「25日間の長期契約アルバイト・破格の報酬・3食個室つき」という条件で京介から誘われたのだ。
一方、やはりアルバイトとして島に向う立木灯(たちき・あかし)は、不吉な気配を感じていた。
恐怖で身体を震わせ、助けを乞うように手を伸ばすひとりの男の姿が頭の中にビジョンとして浮かび上がる。その男は、なんと京介と同行しているナツだった。
京介、ナツ、灯の3名は「第1グループ」として、到着の翌日からBPを開始した。
その後「第2グループ」として、虫塚あお乃(むしづか・あおの)、相良伊織(さがら・いおり)、黒丸ネイト(くろまる・ねいと)の3名が島に到着した。

【項数】300ページ
【サイズ】文庫サイズ
【著】嵯峨 律
【表紙イラスト】西塚em
【巻頭キャラクター紹介ページ】
 イラストレーション:小川クロ ページデザイン:tomittomi
【文中挿絵】線画:西塚em 着色:北野奈緒

¥ 1,400

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料200円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。